男性

桐ヶ谷斎場のプランを覗いてみよう|葬儀の助っ人

  1. Home
  2. 近親者で行う葬儀

近親者で行う葬儀

お経

限られた参列者での葬儀

かつては故人に関わりのあった方がいっせいに参列をするという葬儀の形態が一般的でした。しかし今日ではかなり家族葬が一般化しつつあります。大阪の布施でも家族葬がよく執り行われるようになっています。やはり最大のメリットといえるのは、葬儀の規模が小さくて済むので、葬儀費用があまりかけなくてもいいということにあります。葬儀に至るまでにも出費が続いているケースも多いだけに、布施でも家族葬で済ませることができれば、家計にもやさしい人生の終え方といえるでしょう。それに加えてどうしても参列者が多くなると、気を配らなくてはならないことが増えてきます。故人の人間関係や親せきや友人などさまざまな関係まですべてを幅広く把握していることはできません。どこにトラブルの要因が隠れているかわかりませんから、葬儀を主宰する立場になると気持ちが休まることはありません。それに比べると布施で家族葬を行うとなると、近親者のみになりますから、気持ちを許しあえる時間の中で葬儀を進行してもらうことができます。亡くなってからではどのような葬儀にしてほしかったかを改めて尋ねることはできません。しかし布施でも家族葬の手配をしておくことで、いざという時に誰に参列してもらいたいかまで決まっていれば、とてもスムーズにはかどり、円満な葬儀になります。また、業者に依頼する前にHPでどのようなサービスを行っているか確認してみましょう。業者によっては、そこに料金表などを載せていることもあります。