男性

桐ヶ谷斎場のプランを覗いてみよう|葬儀の助っ人

  1. Home
  2. 家族で送る葬儀の形とは

家族で送る葬儀の形とは

焼香

四條畷市では、たくさんの人が参列する葬儀が一般的でしたが、近年では家族葬を希望する方が増えています。家族葬とは、家族と一部の親族が参列する葬儀のことで、友人が参列する場合もあります。一般的な葬儀をするときは、参列して欲しい方に連絡したり案内状を出しますが、家族葬の場合は人数が少ないので案内状は出さないことがほとんどです。大きな葬儀では喪主が挨拶文を考えることになっていますが。しかし、家族葬は、家族と親族だけですから簡単な挨拶で済ませることも可能です。喪主の負担が少なくなり、落ち着いて喪主を務めることができます。また、一般葬儀では、参列者に会食を出しますが、家族葬では会食を行わないので葬儀料金を低額にすることが可能です。このように、家族葬は簡略化されたところが多く、葬儀費用全般を安くできるメリットがあります。また、家族葬最大のメリットは故人をゆっくり見送ることができるということです。故人との思い出を振り返りながら別れを惜しむことができます。四條畷市の葬儀社では、家族葬の様々なプランを用意しています。家族の中には、案内状や礼状を出したい、会食を出したいという方もいます。この場合は四條畷市の葬儀社が各業者に連絡して準備を整えています。また、家族葬では基本的に通夜は行わないことになっていますが、家族の希望があれば通夜を行っています。葬儀後にお別れ会やしのぶ会などを行って、友人や会社関係者が参列する場合もあります。このように、四條畷市の葬儀社では、地元に伝わる風習なども踏まえて、家族の希望に添った葬儀を行っています。